〒331-0059  埼玉県さいたま市西区大字水判土26-5
TEL : 048-624-2611 FAX : 048-622-1954

断熱材

スウェーデンで認められた品質

世界で最も断熱性能が高いとされるスウェーデンで主に使われている断熱材はロックウールです。ロックウールとは岩石などを高温で融解し、繊維状にしたものです。このロックウールは自立するほど分厚く、約5㎜大きめのサイズを枠組みの中に入れ込んでいくので隙間なく充填でき、断熱材の沈下も起こりません。断熱性はもちろん、高い耐久性や耐火性、防音性が住宅先進国スウェーデンで認められた断熱材です。

1000℃以上の耐熱性
ガラス繊維の断熱性であるグラスウールが約700℃で溶け出してしまうのに対し、岩石繊維のロックウールは1000℃以上でも融解せずに性能を保持できる不燃材です。透湿性にも優れ、湿気を吸収したり、吸着しません。構造体内部を「ドライ」状態に保ち、腐食から守ります。

屋根
屋根天井の断熱材を外壁より厚くするのは冬の保温効果より夏の暑さ対策です。夏場の小屋根は60℃以上にも達します。1階に比べ2階の冷房が効きにくいのは主に屋根天井の断熱不足によるものです。スウェーデンのパッシブハウスでは屋根天井の断熱材の厚さが550㎜にもなります。(日本の次世代省エネ基準:ロックウール160㎜/関東)

外壁
スウェーデンで住宅の断熱性能を比較する時に用いるのが、外壁の断熱材の厚さです。主体構造に断熱材を充填するだけでなく、室内側と外側にも断熱材を付加します。これらの組み合わせで断熱性能が決まるので合計40cm以上の厚みも可能となるのです。(日本の次世代省エネ基準:ロックウール90㎜/関東、135㎜/北海道)


屋根や外壁に比べ、床下は温度が安定しています。断熱材は床根太間に充填します。床の断熱は主に冬場の保温が目的となります。(日本の次世代省エネ基準:ロックウール90㎜/関東)

投稿日:2016年12月16日 更新日:

Copyright© ハイシマ工業株式会社 , 2018 AllRights Reserved.